一人暮らしの部屋のコーディネートのポイントを解説します。

一人暮らしのローベッドの使い方

背丈が低く圧迫感のないローベッドは、狭いワンルームや家賃の安い和室で暮らすことの多い一人暮らしの強い味方です。

特に和室のインテリアにぴったりなのがローベッド。もともと日本の暮らしは床座の暮らしですから、布団を敷いているような感覚でしっくりきます。

和室でなくても、アジアンモダンなインテリアを目指す人は押さえておきたいアイテムです。

 

ソファやセンターテーブルは敢えて少し背の高いタイプを選ぶと、ワンルームの空間に変化をつけることができます。

ローチェスト使ってベッドスペースを目隠ししてしまっても良いでしょう。

 

ローベッドは背丈の低い分、少し広めのタイプを選んでも大丈夫です。

その場合、広い面積を覆うことを考慮してベッドファブリックにはこだわって下さい。

ラグマットを選ぶのと同じ感覚で良いと思います。

床面と同系色プラスアクセントカラーのものを選ぶと、ローベッドの存在感をいっそう薄くさせることができるので効果的ですね。

 

布団の生活からベッドの生活に変えたい! という人は、初めはすのこベッドと布団を組み合わせた簡易ローベッドでお試ししてみて下さい。

初めから高価なベッドを買うよりも自然にベッドの生活になじめるかと思います。

一人暮らしのローベッドは特徴があります。

最新記事